LINE

MENU

STRUCTURE&SECURITY

安心・安全

image

STRUCTURE〈構造〉

住まいの安全性と
ご家族の安心感を深めます。

品質へのこだわりが生む基本性能が
大切な資産と安心な日々を守ります。
建物の価値と快適性を支える
信頼の基本構造。

概念図
  • ボイドスラブ工法

    各階スラブ厚は約230mm(水廻り・一部居室を除く)。スラブ内の中空部(ボイド)が、荷重を軽減しつつ、高い精度を発揮し、小梁のないすっきりした空間を実現します。

  • 二重天井・二重床

    天井(床)とコンクリートスラブの間に、配線・配管用の空間を確保。将来のメンテナンスやリフォームをスムーズにします。

  • 戸境壁

    戸境壁は約180mm厚を確保し、強度と遮音性向上を図りました。また、縦横二重のダブル配筋により、構造躯体の剛性を高めています。

  • 床下配管

    住戸内の給水・給湯配管は二重床内に設置する工法を採用。マンションの躯体に、配線・配管直接埋め込むことなく施工しているので、メンテナンスも容易なうえ、将来のリフォームにも配慮した工法です。(一部除く)

一般基準より高いコンクリート性能

コンクリートの強度は一般基準の強度(18N/mm²)を大きく上回る約30~36N/mm²コンクリートを採用。強い地震が加わる地震時にも壊れにくい強度を確保しています。

概念図

※1N(ニュートン)mm²とは、1m²に約100tの圧縮力が加わるまで壊れない強度のことです。つまり「クレアホームズ下郡中央 ザ・レジデンス」の場合は1m²当たり約3,000~3,600tまでの圧縮力に耐えられることになります。

品確法の住宅性能表示制度に基づく2つの住宅性能評価書。

住宅性能評価書は、いわばダイヤモンドの鑑定書のような、第三者評価機関による「住宅の鑑定書」です。
「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に基づき、
耐震性・耐久性・居住性など、一般の人には理解しづらいとされる各種性能が分かりやすく表示されます。

住宅性能評価マーク住宅性能評価マーク
住宅性能評価付きマンションのメリット住宅性能評価付きマンションのメリット
「住宅性能表示制度」が見つめる9つのクオリティ「住宅性能表示制度」が見つめる9つのクオリティ
「クレアホームズ下郡中央 ザ・レジデンス」は、設計から竣工まで数多くの検査を受けています。「クレアホームズ下郡中央 ザ・レジデンス」は、設計から竣工まで数多くの検査を受けています。